妊娠を望む女性にとって、授かる赤ちゃんの性別は気になるところです。

女の子が欲しい!と思ってみても、実際に産み分ける方法ってあるのか疑問に思いませんか?

 

実際に産婦人科で産み分けの指導をしてくれる病院もありますが、もし自分で産み分ける方法があるとしたら、ぜひ実践してみたいですよね。

 

まず、妊娠において赤ちゃんの性別が決まるのは、女性の卵子ではなく男性の精子によって決まります。

 

男の子の精子と卵子が受精したら、男の赤ちゃんが生まれてきますし、女の子の精子と卵子が受精することにより女の子の赤ちゃんが生まれてきます。

この男の子の精子と女の子の精子には、それぞれ特性があり、子作りをする上でこの特性を考慮して行えば、産み分けが出来るようになるのです。

 

簡単に、男女の精子の特性について紹介します。

まず、男の子の精子は短距離走ランナーだと思ってください。

射精後、卵子まではいち早く到達するものの1日程度ですぐ力尽きてしまいます。

 

そして女の子の精子は逆に長距離走ランナーです。

射精後、ゆっくり卵子へと向かいますが、1週間ほど卵子周辺で生き続けることができます。

 

また、男の子の精子は酸性に弱く、女の子の精子は酸性に強いという特性があります。

女性の子宮は細菌から子宮を守る為、通常は酸性ですが排卵日になると酸性が弱くなります。

 

また、SEX時にオーガズムを感じると酸性が弱くなるとも言われています。

この特性を生かして、女の子の産み分けにチャレンジするとしたら、どうしたらよいのか。それは、自分の排卵日を予想して、排卵日の1週間前にSEXをしたらいいのです。

子宮の酸性が弱くならないようオーガズムを感じないSEXを行えばなお良いでしょう。