妊娠すると、どうして体調が悪くなるの?

 

妊娠すると、どうしても栄養が偏ってしまうのは当然の事。

 

それは、『 二人分の命 』を抱えているからです。

 

なのでエネルギーをたくさん使ってしまうのは元より、赤ちゃんの栄養を補おうとする行動があります。

 

それが沢山食べる事やスッパイ食べ物を好んで食べる様になることです。

そうした時期には、良い所と悪い所が顕在化します。

 

それが、『 体重の増減 』なのです。

 

妊娠してからの急な体重増減は、難産になりやすく大変です。

また、偏った栄養を赤ちゃんに与えるのもよくはありません。

 

しかし、良い所は栄養を沢山あげられることが出来ることです。

沢山食べることで赤ちゃんも丈夫になります。

 

でもどんな栄養を採ればいいのかわからなくなってしまいますよね。

 

そんな時こそ、ビタミンB群を多く含んだ『 葉酸(ようさん) 』を摂取すべきです。

 

妊娠してからビタミンB群は少なくなり始め補う事も大変になります。

なので、葉酸を摂取して必要な栄養をシッカリと体内に取り入れることで健康になります。

 

また、この葉酸は妊娠中の貧血状態も緩和してくれる『 魔法の栄養源 』でもあるのです。

 

妊娠中はどうしても貧血になりがちですが、葉酸には貧血になりにくい栄養がもの凄く入っているので健康になるのです。

 

また、赤ちゃんにもいい影響があります。

それは健康に育つのは勿論の事、『 先天的な異常が現れる要因を減らす 』ことも出来るからです。

 

ですから葉酸をとることによって健康的な体と共に、赤ちゃんに良い栄養とリスクのない環境で育ってくれる妊娠環境になるのです。

 

また、葉酸を使いながらバランスの良い食事を心がけるのも重要です。

そうすれば尚の事健康な体で丈夫な赤ちゃんが生まれるでしょう。

 

葉酸は妊娠している方には実需品でもあり必要な栄養を補う要素なのです。

 

葉酸は母子ともに健康な体づくりに役立ちます

 

かつて日本では妊娠期の葉酸の重要性について、あまり取り上げられたことはありませんでした。

 

ですがアメリカではかなり昔から妊婦さんへの葉酸摂取が推奨されてきました。

 

その理由として、葉酸は胎児の二分脊椎症などの『 神経管閉鎖障害の発症リスクを抑えてくれる 』という非常に素晴らしい効果が認められたからです。

 

お母さんが葉酸をたっぷりと体内に取り込んであげると、それが赤ちゃんの体の中に取り込まれていきます。

 

もともと葉酸というのはビタミンB群の一つなので、体の中で速やかに吸収されます。

神経管形成に大きく関与していくのです。

 

葉酸は野菜や果物や肉類などどのようなものにも大体入っている栄養素です。

 

推奨量は『 1日に400μg 』というのが厚生労働省からの発表です。

でも、これだけの葉酸を毎日の食事からとるのは実はとても大変なんです。

 

なので妊婦さんの多くは食事からの葉酸摂取とともにサプリメントを摂取するというダブル摂取を行っています。

これによりお腹の赤ちゃんも健康に育ってくれるので安心というわけですね。

 

葉酸サプリは、葉酸だけが入っているものよりも妊娠期に不足しがちな『 鉄分 』や『 カルシウム 』も同時配合されているものがいいですね。

妊娠中の栄養の偏りを補うことができます。

 

葉酸サプリによっては『 プロポリス 』や『 プラセンタ 』などの美容成分が一緒に配合されているものもあるので自分の好みにあったものを選びましょう。

 

【3つ厳選!】おすすめの葉酸サプリはこれ!

p.nさん 40代前半女性 (新潟県在住)

 

私も、妊娠初期から妊娠中期まで飲んでました。

おかげで元気な赤ちゃんが生まれました。

 

妊娠初期から妊娠中期までは、つわりであまり栄養が摂れないことが多いですから助かります。

私が試した葉酸サプリは、3つです。

 

はじめに、安全性を第一に考えるのであれば、

 

『 Mere me(メルミー) 』です。

 

産婦人科医師と管理栄養士のダブル監修なので信頼できます。

 

メルミー葉酸サプリ公式ページ

 

次に、国産野菜を使っているのは、

 

『 Lara Republic(ララリパブリック) 』です。

 

元モー娘。の後藤真希さんや歌手のヒトミさんや多くの芸能人も飲んでいたと聞いでいます。

 

ララリパブリック葉酸サプリ公式ページ

 

女性雑誌で評判が高いのは、

 

BELTA(ベルタ) 』です。

 

つわりの時期でも飲みやす小粒な形状が嬉しいです。

 

ベルタ葉酸サプリ公式ページ

 

 

私はこの3つを飲んでいました。

妊娠初期から中期にかけて、『 つわりであまり食べられない期間 』にサプリで補います。

 

葉酸は、キャベツや小松菜などの葉っぱの野菜にたくさん含まれています。

なので、日常的に葉っぱの野菜をしっかり食べていれば葉酸不足にはなりません。

 

野菜をしっかり食べられる妊娠中期以降は、サプリで補わなくてもよいと思います。

ただ、葉っぱの野菜が苦手な方は、葉酸不足になりやすいですから、『 赤ちゃんが生まれるまで続ける 』のもよいですね。

 

最後に、葉酸サプリの注意点ですが、

添加物の少ない葉酸サプリを選ぶことと、『 1日の目安量を守る 』ことです。

 

添加物は、赤ちゃんによくないし、目安量より多くなるのも過剰摂取になってしまいます。

無添加の葉酸サプリを決められた目安の量飲むようにしましょう。

 

今は、たくさんの葉酸サプリが発売されていて迷いますね。

妊婦さん用もありますので、自分で安心できる品をしっかり見定めてください。

 

元気な赤ちゃんが生まれるとよいですね。