男性の精子には2種類ありまして、X染色体とY染色体を持つ精子があるのです。

Xの精子と卵子が結ばれたのであれば女の子が産まれ、Yの精子なら男の子となります。

そのためY精子よりもX精子を優位に立たせることが女の子を産む近道となります。

 

まずX精子の特徴ですが酸性の環境に強く、Y精子よりも長生きできることが挙げられます。

本来、Y精子の方が数は多いのですが女性の膣は酸性に傾いていますので、膣の入口でY精子の半分近くが死滅してしまうため、結果的にXとYの精子が半分の確率で受精をすることになります。

 

そこで膣をさらに酸性化することでX精子を優位に立たせることができますので、産婦人科で処方してもらえるゼリーを膣に挿入して環境を整えます。

かつては食酢で膣内を洗うということが行われていたほどです。

 

次に、男の子が生まれるY精子は1日程度しか生存できませんが、X精子は長くて3日ほど生き続けますので排卵日をうまく調整することで、女の子が産まれる確率がアップさせます。

つまり排卵日の2日前に性交渉をすると多くのY精子が死滅した状態で受精の機会を迎えるため、X精子と結ばれる可能性が高まります。

 

さらに性交渉を激しく行ってしまうと分泌液によって膣内がアルカリ性に傾くことがありますので、Y精子が優位にならないよう淡白な性交渉を産婦人科の医師から勧められることもあります。

 

また男性側にも努力が必要でしてカフェインの摂取を減らしてもらいます。

性交渉の前にコーヒーや濃い緑茶を飲むとY精子が活発化してしまうケースがあるので、できるだけ控えることが大切です。