女の子の産み分けに有効的なピンクゼリー

 

産み分けゼリーとは一般的にピンクゼリーと言われていて、女性の膣内に挿入し、X精子の有利な酸性の環境を作り上げる事で、女の子の産み分けの手助けを行うものとして利用されているものになっています。

 

使用方法もいたって簡単で、ピンクゼリーをシリンジという挿入器具に注入します。

その際、分量は必ず守るようにしてください。そして、膣内にシリンジを入れ、ピンクゼリーを挿入します。

 

その際、出来るだけ奥深くに入れる事がポイントです。また、流れ出てくる事を防ぐ為に、腰を高くするように工夫をして挿入を行う事が必要です。
その後、ピンクゼリーを馴染ませ数分経てば、子作り開始になります。

 

そうする事で、膣内が女の子の出来やすい酸性の状態もまま行う事ができると言うわけなのです。
そんな、ピンクゼリーは、一般のドラックストアなどでは購入する事ができないものになっています。その為、産婦人科などで処方してもらう必要があります。

 

効果としては、一般的に男の子と女の子が生まれる確率が50%だとすると、ピンクゼリーを使用した場合は、60~70%の確率で女の子が生まれるそうです。

なので、多少でも確率を上げたいと思うのなら、とても有効的な方法の一つだと思います。

 

また、ピンクゼリーを使用した場合への子供への影響に関しても、一切心配する必要がなく、安心して使用する事ができるものになっています。

 

以上のように、100%の確率ではないものの、少しでも女の子が生まれる確率を上げるためには効果的な方法になっているという事が言えると思います。