母親の立場からすれば、男の子でも女の子でも子どもに変わりはなく、どちらが生まれてきても平等に愛することができます。

ただ、連続して男の子が生まれたりすると、自然と「次は女の子が良いな」と考えるものです。

では、その願いを実現させるための産み分けというのは、実際に可能なのでしょうか?

 

生命誕生の神秘はとてもミステリアスですから、確実に産み分けるということはできません。

産み分けようとしても違う結果になってしまうことはもちろん当たり前のようにあります。

しかし、産み分ける努力をすることで、産み分け成功の確率を少しでも高めることはできます。

 

たとえば、女の子が欲しい場合、酸性の割合が高くなる排卵日の2日前にセックスするのが良いといわれています。

これは精子の種類が関係しており、女の子になりやすい精子の状態を作るためには、酸性が強い状態の膣内を作っておく必要があるからです。

 

ちなみに、排卵日になると膣内がアルカリ性になりやすくその場合は男の子が生まれやすいです。

こうして排卵日を上手く計算することにより、 男女で産み分けられる可能性が少しは高くなります。

 

他にも栄養剤を摂取したりする産み分けなどありますが、体にあまり負担をかけずに産み分けるならば、排卵日を考えたセックスが1番自然にできる方法です。

あくまで参考程度ですが、もしも考える余裕があるならば、そうした産み分けにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?