子供は健康であれば男の子でも女の子でも嬉しいものですが、やはり希望はありますよね。

特に跡取り息子が欲しいと思う人は多いと思います。

 

そんな時に注目されるのが産み分け法です。

 

この産み分け法は実際に有効なのかどうなのか昔から議論されていることです。男が生まれるか女が生まれるかは全くの偶然で産み分け法なんてないという医師も多いです。

一方で産み分け法は有効だと主張する人もいます。

 

今現在では確実な産み分け法は存在しないという方が主流です。

 

そんな産み分け法ですが有効だと言われているのは、膣内をアルカリ性に保つと男の子が生まれやすいとよく言われます。

膣内は通常酸性なのでセックスの時にアルカリ性になるようにすれば良いというわけです。

 

アルカリ性にするためにはオルガスムスの状態にするのが良いと言われています。

このためには日頃から夫婦仲をよくしてセックスを楽しんでいるというのが重要です。

 

もう一つはゼリーです。ゼリーにはピンクゼリーとグリーンゼリーがありますが、グリーンゼリーを膣内に入れるとアルカリ性になります。

こうしたゼリーは薬局などで販売されていますので購入して見てはどうでしょうか。

 

しかしこうした産み分け法は気休め程度と考えた方が良さそうで、男の子、女の子どちらが生まれてくるかは神様が決めると考えた方がいいとおもいます。

生まれてくる子供もその方が幸せです。