自然妊娠での産み分けを希望する場合、まずは基礎体温をつける事から始める事が必要です。

基礎体温は専門の体温計を使う事が必要です。

 

その上で、排卵予測日を立てます。

女の子の妊娠を希望する場合、排卵予測日の2日前に標準を合わせます。

排卵予測日の2日前にする事で、男の子ができる可能性を低くすることが可能になってきます。

失敗しても、男の子になる確率が低く、妊娠すれば女の子の確率が高くなるのが2日前だという事ができるからです。

 

ではm排卵予測日2日前を予測する方法ですが、、上記でも言ったようにまずは、基礎体温からの予測になります。

その他にも、おりものの変化や最近では排卵検査薬などでも予測する事ができます。

 

しかし、これらの事を自分自身ですべて勉強し判断する事は難しいと思います。

なので、自身のない人や、女の子を強く希望する場合は、一度線婦人科に相談に行く事をおススメします。

 

自然妊娠での産み分けを指導してくれる産婦人科も多くあるので、きっと力になってもらう事ができると思います。

 

そして、ここからですが、自然妊娠の場合、産み分け成功の確率を100%にする事は難しいことを忘れてはいけません。

どうしても確立を100%に近づけたい場合は、人工授精、体外受精を希望する事をおススメします。

 

健康な体で、自然妊娠の可能性が高い人には抵抗があるかも知れませんが、これらの方法だと女の子の産み分けの確率も、グンと上がってくると思います。