男性の精子にはX精子とY精子の2種類があるのですが、女性が持っている卵子とY精子が受精すると男の子が、X精子が受精すると女の子が生まれてくると言われています。

 

女の子が生まれるX精子にはY精子よりも2,3日寿命が長く、酸性の環境にとても強くけれどもアルカリ性の環境だとすぐに死んでしまうという特徴があります。

ですから女の子を産み分けようとする場合、卵子とこのX精子が受精できる環境を作ってあげることが大切なのです。

 

受精すると男の子ができるY精子は約1日で死んでしまい、寿命が短いという性質を持っています。

そのため女の子が生まれる寿命が長いX精子が卵子と受精できるように、排卵日の2日前に性行為を行うことが女の子ができやすくなる方法だと言われています。

 

排卵日の2日前に性行為を行えば排卵のときにすでにY精子は死んでしまっており、X精子のほうが有利になるわけですね。

この方法では基礎体温の記録をとったり排卵検査薬を使ったりして、自分の排卵日をしっかりと知っておくが大切になってきます。

 

また女性がオーガズムを感じると膣内にアルカリ性の分泌物が増えてしまうと言われているので、女の子が欲しい場合はオーガスムを感じないほうがよいです。

膣の中を薄めたお酢で洗って酸性にする方法も、女の子を生むために効果があると言われています。

 

最近はピンクゼリーとよばれるゼリー状の物質を性行為の前に女性の膣の中に挿入しておき、あらかじめ女の子が生まれるX精子が強い酸性の環境をつくっておくという方法も用いられるようになりました。

 

ピンクゼリーは一般のドラッグストアなどでは販売されていないので、産み分けの相談に乗ってくれる産婦人科医院か「産み分け潤滑ゼリー販売サイト」などで購入することが出来ます。