もし女の子が欲しいと思っているなら、まず自分で出来ることに挑戦してください。

出来る範囲のこととしては、排卵日をしっかり予測するということです。

 

女の子を産みやすいポイントとして、排卵日の前に性交を行って妊娠するか、排卵日が終わってしばらくした後で性交をするという方法があります。

基本的に妊娠しないような状況の中で性交を行うと、女の子が生まれる確率は高くなります。

 

また男性にも協力して貰う必要があります。

まず男性はなるべく男の子を作ってしまう精子を出さないようにしてもらうため、あまり精液を溜めないようにしてもらう必要があります。

 

お願いして週1回程度の射精をしてもらい、女の子を作りやすい精子を体内に溜めておくということが必要になります。

そして出来る限り早い段階で膣内に出してもらうということが必要です。

 

エッチは長時間行っている方が明らかに気持ちいいのですが、女の子を作るのであれば話は別です。

早い段階で出してもらいましょう。

 

これによって女の子を産める確率というのは高くなりますが、どうしても難しいということであれば酸性の状態で性交をするということが必要となります。

ピンクゼリー」を利用することで膣内を酸性に保つことが可能となり、女の子を作りやすい環境となります。

 

これに男性が女の子を作りやすい状態にしていれば、比較的女の子を作ることが可能です。

産み分ける方法というのは確実性はないものの、出来る限りのことをすることで成功することは結構あるようです