第一子が男の子でした。

兄妹は作ってあげたいけど、もう一人が年齢的にも限界かな…というのが正直な気持ちでした。

 

男の子は授かったので出来れば女の子も育ててみたい!それは主人も同じ思いでした。

出来る限り女の子で、という思いもありつつ、子作りをスタートさせたのです。

 

まず、友人やインターネットで情報をリサーチ。

 

○排卵日の前にエッチする。

→女の子になる精子は男の子精子に比べて強いので長く生き残る

 

○旦那さんに浅めに挿入してもらう。

→女の子精子が強いので頑張って卵子までたどり着きやすい

 

○女性があまり感じないようにする

→感じると膣内がアルカリ性になってしまうので、酸性の方が女の子が授かりやすい

 

○旦那さんの精子濃度を薄くしておく

→エッチをする前に男性側が3回抜いてからして薄くしておく

 

などなど…とにかくあっさりしたエッチを排卵日前にするのが良いのだな、という理由で、ネットの「ピタ卵」という排卵日予測サイトで過去5回分の生理日を入力して大まかな排卵日をチェックしました。

 

他のサイトは3回分の生理日の入力が多いので出来るだけ多い回数の方が精度が高まると思い、そのサイトを使いました。

 

最後に、先ずは妊娠しなければ意味が無いと思い、エッチ後は出来るだけトイレに行かずに精子を留める、脚を5分くらいあげてみたりその後に四つん這いになってひじを床に当てて(頭を低くして)腰を浮かすという方法も10分くらいしておきました。(精子が奥に行くように…というイメージです)

 

病院にも行かずに、全て自己流でしたが、めでたく女の子を授かりました!皆さんの産み分けが成功しますように~