男女が避妊せずに性交渉をした場合は、約8割の確率で妊娠するとされており、それに該当しない人は不妊要因を持っているということになります。

産み分けに挑戦しない場合の男女比は5分5分であり、医師の指導のもとに産み分けに挑戦した場合、7割から8割の確率で産み分けに成功するそうですが、妊娠確立が下がります。

 

不妊気味の人だといろいろ民間療法を自分で試してみるよりも、「パーコール法」という費用が4万円から5万円はかかる産み分けを実践したほうが、時間を無駄にしないで妊娠できそうです。

 

パーコール法は女の子の妊娠を望む人向けだと言われていますが、パーコール法では妊娠した場合の男女比がわかるというメリットがあるため、試してみれば着床前診断で自分が男女のどちらを産みやすい体質かがわかりそうです。

 

病院では、男の子を産み分けするには排卵日に性交渉をすると良いなどのアドバイスをしてもらえるので、パーコール法を試すにしてもしないにしても、相談してみたら価値のある結果を得られると感じます。

 

禁欲した状態の日々が長い精子のほうが男の子の産み分けには良いとされているので、禁欲状態の旦那が排卵日当日に妻と性交渉をするのが一番良いと感じます。

 

時間をかけてじっくりネチネチと行うと良いそうです。ワンセット安くても1万円程度から1万5千円程度する、民間療法の産み分けゼリーを食べると、通常の6割増しで産み分け成功確率が挙がるみたいなので、お金に余裕があれば男の子はグリーンゼリーを選ぶと良いです。

 

ストレスを貯めず酸性の食べ物を食べるのも大事です。